ランチ & クリエイト

祝新築!夫婦2人。アパートから新築一戸建てへ引っ越し前にやったこと。

 
画像
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。主婦工房です。

今回は引っ越し前にすることについてお話をします。

今回引っ越すのは、大人2人です。子どもはいません。

アパートから戸建てへの引っ越しです。

気になる方は是非見てってくださいね。

 

もくじ

新居の引き渡し日の確認

新居の引き渡しを建てたハウスメーカーさんに確認しましょう。

新居は購入してすぐ住めるのではなく、ハウスメーカーさんによって、引き渡しが延びたり早まったりするのでしっかり確認しましょう。

私の家の場合、引き渡し日が確定したのは引き渡しの2ヶ月前でした。

 

スケジュールを組む

大まかでいいので引っ越しはいつ、退去はいつというのを決めておいた方が良いです。

スケジュールを組まずに引っ越しを設定してしまうと引っ越しをした後、購入した家具の搬入と退去の立会い日が重なることもあり得るので注意しましょう。

 

現住所賃貸の解約・立会い日の日程調整(駐車場も忘れずに解約する)

アパートの解約は、アパートによって解約希望日の3ヶ月前に言わなければならない所もあるので、契約を確認して直ちに連絡をするようにしてください。

その際に駐車場を契約している方は、駐車場の契約解除も忘れずに行いましょう。

立会い日は引っ越し後に行うので、引っ越しの日程を確認して調整を行いましょう。

 

引っ越し業者との日程調整

引っ越し業者を選び、電話をしましょう。

私たちの場合ですが、住んでいるアパートによっては解約時に引っ越し業者を選ぶことで、引っ越し代を割引してくれる所もあるのでよく確認しましょう。

引っ越しの見積もりは、先に部屋を業者に見せてからお値段が決まるので、部屋は掃除しておくと良いでしょう。

(転園・転校の手続き)

(転居の葉書を作成する)

余談ですが、お子さんがいる場合や、会社の人に転居を知らせなければいけない場合はこちらも必要です。

 

写真で作る年賀状。デザイナーが作る写真はがきだから美しくおしゃれな仕上がり。

 

ネット回線の工事

ネット回線の工事。これは重要です。

ネット回線の工事は新居の場合、自分たちで連絡をして行わなければいけないこともあるため、入ってすぐにネットを使いたい方は確認と早めの連絡をしましょう。

1ヶ月以上前でも、希望のお日にちが取れるかあやしいです。

 

不用品の処分・粗大ゴミの処分

不用品の処分は計画的に行いましょう。

また、粗大ゴミの処分が月に1回の所もあるので前もって確認しましょう。

 

かさばる骨董品、お店に持って行くのは面倒…。そんなあなたに朗報です!
バイセルなら、出張費無料であなたのお宅へ買取に伺います。

 

インターネットプロバイダーの解約と契約

インターネットプロバイダーの解約と契約をしておきましょう。

初めて引っ越す方でわからない方もいるかとは思いますが、インターネットは回線工事だけでは使用できません。

インターネットプロバイダーとの契約をしなければいけないのです。

また、アパートでインターネットを使えていた方はインターネットプロバイダーの解約を行わないといけないので、入居した際の契約書を探してくださいね。

 

 

電気・ガス・水道の停止手続き

電気・ガス・水道の停止の手続きは電話で行えます。

ガスには立会いが必要なので、スケジュールを組むときに考慮しておきましょう。

連絡場所は明細書に記載されているはずなので、明細書を無くさないようにしましょう。

 

電気・ガス・水道の開始手続き

電気・ガス・水道の開始の手続きは、ハウスメーカーさんによって自分で連絡をとって呼ぶかハウスメーカーさんが手配してくれるかが変わるそうです。

展示場としてハウスメーカーさんが電気・ガス・水道を使用している場合はその契約を引き継ぐ契約を結ぶため、呼んでくれることもあるみたいです。

ハウスメーカーさんに自分で契約して良いか確認の上、連絡をしましょう。

 

新居の家具家電の配置の確認

新居に入れるのであれば、スケールやメモできるものを用意していくと良いです。スケールは5メートルあれば、足りると思います。

置きたい家具の大きさを測っていかれるのも良いでしょう。

置きたい家具、部屋の実寸から置けるか置けないかを考えます。

 

家具家電の購入

家具家電の購入はお金のことや買う時期が難しいかもしれません。

引っ越し代や、プラス予算になる建物や外構の変更でお金がかかることが多々あること。私たちもそうでした。

家具家電を購入しに行ったら、2ヶ月待ち!ということ。

が、多かったので、入居開始から必要な商品は早めの購入を検討する。

お金には余裕を持って買い物をすることをお忘れなく!

 

 

転出届・転居届を役所に提出手続き、印鑑証明の廃止など

市役所などの役所で行うことです。

転出は引っ越す前に、転居は引っ越しを見通して行いましょう。

印鑑証明の廃止は、市区町村を引っ越すときには必要なので忘れないようにしましょう。

 

郵便局での転居届の提出

郵便局の転居届は、郵便物の配送を6ヶ月間古い住所宛の郵便物も新住所に配送してくれるありがたいシステムです。

最近ではネットからも登録できるので、便利です。

 

引っ越しの挨拶の手土産購入

引っ越し挨拶の品は私たちは500円程度のお菓子にしました。

挨拶の品は500円〜1000円が相場だそうなので、無理のない金額でお出しするのが良いと思います。

また、日持ちする品にすると良いです。

最近では、ご近所さんがご高齢というのも珍しくありません。歳上の方でも使いやすいもの、食べやすいものを選ぶと良いと思います。

 

最後に

やることが多い引っ越しですが、新しいお家には多くの夢があります!

引っ越しを楽しんでいってくださいね。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

また、お会いしましょう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 主婦工房 , All Rights Reserved.